七五三のあれこれ

以前、息子の七五三の支度を自分でしたいという生徒さんがいて、
その教室の時に、まとめた内容の一部をご紹介します。
(教室では、分かりやすくまとめた資料お渡ししています。)
これから七五三を迎えるお子様を持つ親御さんのお役に立てれば光栄です。

文章にまとめるのが苦手なので、Q&A方式でご紹介します。

Q.何歳でするの?…A.昔は数え年が多かったですが、今は満年齢が多いようです。3歳(主に女の子、男の子が行うこともある)、5歳(男の子)、7歳(女の子)
Q.何日にするの?…A.11月15日ですが、現在では10月〜11月の都合の良い日に行うことが多いです
Q.何するの?…子どもの成長を祝う日、神社参拝。
Q.神社への謝礼は?…神社にもよりますが、一般的には3千円〜5千円。紅白リボンの熨斗袋に表書きは「御初穂料」or「御玉串料」、下に子どもの名前、年齢も記入。
Q.何着るの?…3歳晴れ着に「被布」、お宮参りのお祝い着転用も多い。5歳、羽二重の五つ紋付熨斗目模様、また色紋付の長着、揃いの羽織、袴。7歳、四つ身の着物。帯、帯揚げ、帯締め、しごき、箱せこなど。どれも必ず肩上げや、腰上げが必要です。
Q.両親は何着るの?…フォーマルスーツ。和装の場合は、お父様、紋付羽織・袴。お母様準礼装用(訪問着や色無地、付け下げ)

あとは、七五三をより良く過ごすためのちょっとしたコツなども
*家族写真など、写真館で撮る場合はお参り前が無難。前撮りも良い。
*写真館は、時期的に混雑するので、早めに予約が良い。
*お母様の美容院なども事前に予約。
*足袋や雪駄草履の事前練習
*着物は事前に吊るしてシワを伸ばす
*着替えは持ち歩く
*ご機嫌とりのお菓子、ストロー付きの飲み物持
*憧れの大きな神社もいいですが、主役はお子様です。疲れやすいので、近くの神社もオススメです。

数え年でするのか、満年齢でするのかにもよりますが、特に3歳のお子様は集中力が持ちません。
我が家の娘は数え年で七五三しましたが、前日まで調子良かったのに、当日は
着物を着ないと大騒ぎしておりました。
祖父が機転を利かせて当時大好きだったアンパンマンを切り抜き、着物にテープで仮止めして
機嫌をとって着せました。
家族写真の襟元には、ちらっと切り抜いたアンパンマンが顔を出していますが、主役は涙顔、笑。
てんやわんやの七五三でしたが、良い想い出です。

皆様の七五三が、家族で楽しくお子様の成長をお祝いできる日となりますように…。

fullsizerender-16